まったり・・(暖)

Simg_1121

炎を眺めながら”まったり・・”する季節になってきましたね。。

ん・・実にイイ季節だな。。

今日はカザマ家のちょっとしたアクシデントを・・

薪ストーブを焚いてまったり気分で次の薪を入れようと思った時、すごく気になった唐松の節付きとねじれ付の若干大きめな薪がドカっをスペースを占領していたので、強引に

入れてやろうと思って入れてみた・・すると考えが甘かった。。

太くてねじれているので思うように炉内に入らない。。てんやわんやしているうちに唐松に

火が移りはじめた。。半分、唐松は入っている状態で炎が大きくなり、もうどうしようもありません。。出すにもだせず火かき棒で支えつつ様子見ること15分・・唐松は炎に包まれ強引に炉内に閉じ込めた。。

顔とTシャツは汗でびっしょり、水をガブガブ飲む始末。。いったい何をやってんだ・・

アホ過ぎて自分を責める気にもなりません。。勿論その日の夜は真夏に逆戻りで寝付けない一日でした・・

みなさん薪は計画的に入れましょう。


2 Comments on "まったり・・(暖)"

  1. SA-T より:

    こんな時は・・・「デファが良いな・・・」とか思い浮かぶでしょう?
    そう、こういう「荒っぽい」人には、
    デファイアントがお奨めです。
    「デファに戻しましょう!」
    デファイアント振興会 代表より

  2. カザマ より:

    デファですか・・?もうサウナですね。。
    夏と冬の区別がつかなくなってしますよー。

comment