焚く・・

昨日、来店しお客様。

『うちの主人は、ちょっとでも寒くなると、すぐ薪ストーブを焚くんですよ・・』

『今時期は暑くて困ります・・』と言っていた奥様。。

ん・・気持ちは分かる。そろそろ「炎」が恋しくなる時期だ・・でも、そこはグッとコラえて

我慢しましょう。だって薪がもったいない。。

そっ、その旦那様が言っていた言葉、”薪は札束に見える。”

これはストーブオーナーでしか理解できない事かもしれません。薪って凄く貴重なものですからね。しかも自分で薪を割った薪なんて格別でしょう。汗水流しながら割った薪を

冬になって焚く。その炎は、他人には理解できないほど”癒される”。。

私もそろそろ薪を整理するか・・冬眠に備えて。。


comment