煙突そうじ。。

最近一日に二件ペースでお客様の煙突を”ゴシゴシ”行っちゃってます。

煙突掃除って煙突だけ掃除するわけではく、ストーブ本体の掃除が重要なんです!

といっても、最初から出来る人はいません。。お手本というか、ココまで掃除してもらえれば・・と、言うとこまで掃除をします。ストーブ本体の掃除・メンテナンスは本体によって違いますので・・。

Dscf0001

出来るだけ、パーツなど外せるものは外して部品などが消耗(壊れてないか)確認!

ちなみに部品は消耗品が多いので確認が必要ですね。

Dscf0002

外した部品は、きれいに並べて置くのがイイでしょうね。

でもって、炉内に付着してある煤などをブラシでゴシゴシと綺麗にします。特にファイバーロープ・耐火レンガなど確認!なかにはキャタリティックコンバスターが内臓されているストーブもあります。

ってな事で、終わったらもとに戻しましょう。。

Dscf0003

こんな感じですか・・

まずは、自分で本体パーツを外してみる事。本体の構造が理解できます。

もとに戻らなくなった場合・・お電話ください。。聞くだけ聞きます・・(冗談です)

それから一番大事な事は、手袋をする事!私のように”手”が真っ黒になりますよ。

ちなみに、私はお客様の前で”あたふた”しないように事前に調べて行っております。

バラしてしまった・・


comment