薪の含水率。。

薪ストーブに使用する薪の乾燥(含水率)具合は15%~19%

そのくらいでいいのではないでしょうか。。

ただ、、薪の適正の大きさや太さもあります。

よく耳にするのが、とにかく太く割ってつくると火が長持ちするんだよね~。。とか、、焚きつけは薪(細い薪)は余り使わない。。

とか、、着火の際は新聞紙を沢山使って着火するとか、、牛乳パックを使うとか、、

 

私が思うには・・(※個人差がありますのでご理解ください・・

 

薪の適正の太さは、、径7cm~10cm、、太くても12cmくらいではないでしょうか。。

まず、余り太すぎると乾燥しないですよね。太い薪を乾燥させるには大分期間が掛かります。また、太い薪を使用すると不完全燃焼になりやすく、煙突に煤が付着しやすいです。

出来るだけ10cmくらいに割って乾燥させると良いのかな・・って思います。

 

で、長さですが、40cmがベストかと思います。薪ストーブによって大小あります。

勿論、30cmでもいいですね。最近は縦型のストーブも多いですからね。

 

逆に大きいストーブは、、カタログに明記してある薪の長さ。。55cmの薪が入ります。とか50cmとかありますが。

これは、ただ長い薪が入るだけで、50cm長さの薪を作りなさいと言う訳ではありません。

 

大きいストーブでも40cmがいいですね。(笑)

そして、、着火方法。。

新聞紙や牛パックも良いかと思います。各自拘った着火方法があります。ただ、、着火の量によりますね。。

焚きつけ薪を少々で薪を沢山積んで大量の新聞紙で着火する・・私の中ではNGです・・  (悲)

 

では私の場合の着火方法は。。

薪は4本くらい積んで焚きつけ薪を沢山入れます。。最後に市販されている着火剤に火をつけて終わり。

あとは、、少しづつ薪をくべるだけです。。簡単ですね・・

 

 

焚きつけ薪をとにかく沢山作ってください。

 

いい役目を果たします!

 

 

では!

 

 

 

 

 


comment