メンテナンス

薪ストーブシーズンも終わっているかと思います。

今年は例年に比べ5月で既に猛暑。。真夏にはどうなっているか・・考えるだけで恐ろしい暑さが・・水分補給で熱中症対策で真夏に立ち向います!

 

さて、今日は煙突メンテナンス/薪ストーブメンテナンスのおはなし・・

煙突掃除(メンテナンス)の重要さ。。全国的にも薪ストーブに関連する火災が増えてきているそうです。

勿論、他の暖房機、灯油ストーブ・ガスストーブなどに比べるとかなり低い確率では有りますが。。

薪ストーブで火災になった原因・・

1、DIY施工での煙突工事による火災。

最寄りのホームセンターて煙突部材を購入し、ご自分又は知人に取付をして火災に繋がる。

2、シーズン中の灰の処理による火災。

シーズン中に灰が溜まったら専用バケツに入れて室内で保管する。灰の中に残った熾きが火災に繋がる。

※基本、灰の保管は外部です・・

3、煙道火災

シーズン使用した煙突内に溜まった煤は綺麗にして保管する。。これ基本です。

海外ではかなりの頻度で煙道火災が起きるそうです。怖いですね・・

 

煙突掃除は大事です!

人間の血管が詰まればどうなりますか?・・詰まるには必ず原因があります。

煙突も掃除をしないと煤が溜まり煙道火災に繋がります。

大丈夫、大丈夫は大丈夫じゃない気がする・・

少しでも気になるなら煙突掃除をしましょう。。

 

詳しくはこちらです。。

 

お問合せはこちら。。

 

お気軽にご相談ください。

 

では、

 

 


comment