All posts in 施工実績

薪ストーブ

暖はやっぱりコレに限ります・・

昨年年末に設置したお客様のところに伺いました。

お正月は薪ストーブのおかげで楽しく迎えられました・・との事でした。

良かったです。。

薪ストーブって炎をみながら暖がとれるのですっごく素晴らしいもの。。でもって、ちょっとした料理をしたり、、何よりも柔らかい暖かさなので家族や友人、犬や猫まで自然と集まります。

でもその裏では、、それなりの努力も必要です。

灯油や電気・ガスは燃料を購入し、スイッチ”ポン”で暖がとれますが、薪ストーブはご存知の通り燃料が薪です。またスイッチではなくマッチやライターで小枝や焚つけから電気不要で自然と着火(燃す)します。

その他、市販された薪をそのまま使用すれば、それなりに費用は掛かりますが疲労は掛かりません。。

出来るだけ費用を掛けたくなない場合は自分で薪を集め、割って乾かすという作業が必要です。これは決して楽な作業でありません。。苦と思うよりは楽しく・・という意識で作業をした方が長続きしますよね。。

苦労をして集めた薪を冬に燃やすこの炎は最高っ!大変だったけど集めて良かったと思うはず。。

これを毎年毎年繰り返す。何年お付き合いしても飽きないものです。

Img_4452

さて、私もそろそろ来年の薪支度をしようと思います・・

とほほほほ・・

寒いの寒いのどっか行け~っ!と、いい加減に例年以上に寒さがつづき、暖かい春を待ち遠しく思う今日この頃です・・

さて、薪ストーブオーナーさん、勿論薪ストーブは今でも使用してますよね。。

どーです、、そろそろ薪が切れて、不安を感じているのではないですか。。

薪がもったいなからトロトロ焚くのはNGですよ。煙突が詰まりやすくなりますからね。

で、、今日は薪のお話。。といっても個人的なお話です。

先日、我が家(風間家)の薪(燃料)が切れてしまい、仕方が無く薪屋さんからナラを購入しました。ナラですよナラ・・私にとってナラとリンゴは高級品、ガソリンで例えればハイオクです。不在の時に運んで頂き自宅に戻り薪を見てみると、、なんとも綺麗な薪で燃えなそうなナラ薪です。。

とは言うものの、、燃焼はこれしかない訳で・・燃やしてみると、、

Simg_0345

当然ながら燃えません・・燃える訳が無い・・なんだこれ?薪か?・・と・・

燃やせば燃やすほど、段々イライラしてきて、気づいたときには薪屋さんに電話をしていた始末。。

「あっ、薪屋さん?、、ありがとうこんなに綺麗なナラ薪を持って来てくれて・・しかも水分たっぷりの薪じゃないですか・・」

「お陰様で全然燃えないんだけど・・こんなの薪じゃね~!」とちょっとだけ注意をして見まして、でもいくら言っても後の祭りですからね。。

私もお客様に薪を紹介している身分で。。紹介した責任ってもんがあります。

ちょっとショックでしたね。

今回、みなさんにお伝えしたい事を何点か。。

① 薪は出来るだけ自分で集め自分で割り自分で管理するといいですね!

② 薪を購入する場合、、出来るだけ早めに購入し、自宅で乾燥させるとイイでしょう!

※いくら薪屋さんの薪だからっていっても乾燥はしていないと思った方がいいでしょう。未乾燥だと思った方がいいです。 なので出来るだけ早い時期に購入して自宅の庭で乾燥させる。。

③ シーズンどのくらい(量)使うかをチェックして出来るだけひとまとめに購入しましょう。トップシーズンに購入するのは避けた方いいですね。

④ これは大事・・薪はナラやクヌギ(広葉樹)にこだわらず、杉を焚け!

新潟の私の師匠も言ってました。。薪で一番大事な事、、それは乾燥した薪を使用することです。杉はイイですよ~乾燥率も早いし、入手しやすいし、買っても安い。

燃費が悪いから太めの薪を入れるとイイですね。

とにかく、ナラにこだわってドブドブに水分を含んだ薪を焚くのであれば乾燥した杉を焚いた方が安全です。

薪支度は今からですよ・・

長野へ・・

昨日、一昨日と長野県へ出張。

毎年行われている、ストーブ講習会です。

バーモントキャスティングス正規代理店のファイヤーサイドさんに訪問し

ファイヤーサイドのスタッフのみなさんにご挨拶。

まず、ショールームに新たに展示してあったのが、クックストーブの「ドミノ」。。

イタリア製でかわいらしいストーブです。

Simg_0302

キッチンの隣に設置するとオシャレですよね。

お店に設置してもイイですね。。

それからポール社長のワンポイント実演講習会。

Simg_0305

改善策やその他もろもろとみなさんで協議できた一日でした。

ファイヤーサイドの皆様、大変お世話なりました。

今後ともよろしくお願い致します。。

翌日は全国にあるストーブチーム情報交換並びに勉強会となりました。

今後の薪ストーブ業界を盛り上げる方達です!

S2011

薪割り・・

薪ストーブオーナーならではの作業・・それは薪割り作業でしょうか。。

先日、縁会って頂いた杉の大木・・結構な量でした。。いつもは若干遅いお盆からはじめる薪割りですが、今時期(梅雨時期)からはじめることが出来たので心なしか”ホット”しております。でもまだまだ足りないのが現実ですね。。

暖かい冬を迎えるためです、多少の苦労は必要でしょう。。

薪って、人によっては広葉樹にこだわる方いらっしゃいますよね。私も賛成です。でも私は杉(針葉樹)でも松でも何でも貰えるものはOKです。

だって、広葉樹って手に入らないでしょう”タダ”では・・私の場合、タダで入手を基本としてますなので針葉樹でもOK・・となります。

薪の良い状態は乾燥させる事が大事です。出来るだけ乾燥させた状態で焚くのが一番いいですね。煤も付きにくいし。

ナラしか使いません・・なーんて言って未乾燥で焚く方がいらっしゃいます。しかも煙突詰まらせて・・怖い思いした方いるでしょう。

広葉樹・針葉樹でも基本は乾燥させないとダメっ!・・と思ってください。

乾燥させれば、杉でも松でも問題ないと私は思います。

しかし薪割りって良い運動になりますね!

これからもがんばりますっ!

薪ストーブ。。

郡山市K様邸240角のティンバーフレーム。。薪ストーブが設置されました。

Img_5249

広~い炉台に黒い”アンコール”が良く似合います。

リビングフロアーと炉台の段差を無くす事によって圧迫感が感じません。

カッコイイな~の一言です。

ストーブ会議

本日長野県に出張でした。毎年恒例の薪ストーブ会議に出席です。

まずは、いつもお世話になっているファイヤーサイドさんにご挨拶。。(駒ヶ根市が本社)

Simg_1433

Simg_1434

残念ながらその日はヨーロッパに出張中でポール社長さんにお会いできませんでした。

Simg_1432

新色のマジョリカブラウンのアンコールです。

Simg_1431

アンティークなイメージで凄いカッコイイ。。焚くのがもったいないかな・・と思ったりして。。

そして、全国の有名なストーブ業者さんがストーブアートさんに集合。

懇親会を含め情報交換など密なお話までさせて頂きイイ刺激になりました。

この集まったメンバーで全国の薪ストーブを盛り上げていきたいと感じましたね。

そして翌日、本題の薪ストーブ会議。この会議は各業者さんが疑問点や改善策などを話し合う会議で凄く重要な会議となります。ちょっと内容は秘密とさせて頂きますが。間違いなく今後大きく変わるような会議です。

今回お集まりになった薪ストーブの各業者さん。。お世話になりました。。そして今後ともよろしくお願い致します。

そして、お忙しい中、この会議をまとめて頂きましたストーブアートさん。。お疲れ様でした。

Scimg0963

また来年、お会いしましょう!

薪ストーブを選ぶには・・

薪ストーブを選ぶ時って、どのように選びます?

基本的に北欧か欧米か・・に分かれますよね。その中でも凄い種類の本体があります。

Sdscf0023_2

Sdscf0082

Sdscf0031

アメリカ製バーモンドキャスティングス。。

S003_2

Sdscf0218_2

ノルウェー製のヨツール。。

Sdscf0053

Simg_2566

ハースストーンやダッチウエストなどなど。。

これはほんの一部(種類)です。

この数多くの種類から選ぶとなると結構大変ですよね。

私の好きな本にこんな事が書いてありました。

「ストーブ選びは車選びと同じだ。。」※ポールの薪ストーブ入門から

車を購入する時って各メーカーのカタログを取り寄せて色々調べますよね。。

デザインや機能性とか簡単な操作とか・・まぁ、色々とあります。

ようはそれと一緒で、まずデザインから検討して機能性(実用性)それから大きさ(カロリー)。

で、機種によってもメリット・デメリットがありますので、その辺は専門屋さんに聞くのが良いでしょう。

これって車選びと似てますよね。。

薪ストーブと一緒の生活もオススメします。

薪ストーブ

薪ストーブ、、我が家も愛用しております。

今時期は主役ですよね。。

Simg_1989_2

現在では一般の在来建築や和風調の建物に普通に設置してますが、ちょっと昔はログハウス=薪ストーブって思っている方は多いのではないでしょうか。。

鋳物のから伝わる熱が輻射式によって部屋中を暖め、ログ(木)自体に熱を蓄熱させて

いるので、なかなか部屋が冷えない。。ログハウスって凄く断熱性に優れているので

薪ストーブとログハウスは愛称はバッチリなんです。。

こちらもに薪ストーブの良さが書いてありましたね~。。

薪ストーブは建物と一緒で大事に扱えば、ちゃんと答えてくれるものですね。。

やっぱり薪ストーブ。。

我が家も薪ストーブを使って5年目を迎えます。外気氷点下、室内常夏気分で幸せを感じております。薪ストーブさま様ですね・・

Simg_1307

毎年今年の薪はこれで間に合うか・・と思いながら軒先まで薪を運んでいる。。

ある程度は間に合うと思うが、薪は有れば有るほどうれしいもんです。

今年は、感謝を込めて綺麗にお掃除(薪ストーブ)してあげよう・・と思った今日この頃でした。。

アンコールと少年・・

なんだかんだで今年もあと数日で終わってしまいますね・・

今年最後に設置したアンコール。。

昨年お引渡しをした富岡のオーナー様、本日薪ストーブを設置いたしました。

Sdsc_4047

Simg_1306

この炉台はすばらしい・・旦那様のDIY施工です。

素朴な感じでカッコイイですね。100満点を評価します。きっちりした職人技の炉台とは違う味のある感じがいい。。私好みです。

Simg_1305

そして、アンコールと言えば少年ですね。ちょっと控えめの少年。

将来はお父さんに引き続き薪を割るでしょう。。