アンコールと少年・・

なんだかんだで今年もあと数日で終わってしまいますね・・

今年最後に設置したアンコール。。

昨年お引渡しをした富岡のオーナー様、本日薪ストーブを設置いたしました。

Sdsc_4047

Simg_1306

この炉台はすばらしい・・旦那様のDIY施工です。

素朴な感じでカッコイイですね。100満点を評価します。きっちりした職人技の炉台とは違う味のある感じがいい。。私好みです。

Simg_1305

そして、アンコールと言えば少年ですね。ちょっと控えめの少年。

将来はお父さんに引き続き薪を割るでしょう。。

取材・・

本日、カザマ邸の薪ストーブ取材でした・

夢丸編集部の原さんとカメラマンさんがカザマ家の汚れたアンコールを綺麗にして

頂いて、よりいっそう美人なったアンコール。。

Simg_1273

なんだか恐縮してしまう・・ありがとうございました。。

Simg_1276

恐らく順調に取材は進んだと思いますが・・途中、薪ストーブの暖で麻酔に落とされ

若干記憶をなくしてしまった始末・・

記憶が戻った頃には取材は終わったました。。

Simg_1277

どーもお疲れさまでした。

クリスマスプレゼント

私の心強い仲間。新潟県魚沼に工房を構える中村工房さん。。
なんとクリスマスプレゼントを頂きました。
Simg_1265
どうよ!クリスマス・リースです。にくい事しますね。。
ショールーム玄関のドアに飾りました。。セコムよりカンロクありますね。
なんだか時期的な装飾ってテンション上がりますね。
年に一度飾るからイイんでしょうーね。
Simg_1266
中村さ~ん・・ありがとよ~。。

外気導入・・

高気密の建物には必ず設置した方がいいですね。。

外気導入。。先日、薪ストーブのオーナー様から燃えが悪い・・逆流する・・とご相談。。

どーだろ、、煙突の長さの問題か・・それとも・・と、その時この建物は気密が高いから外気導入を設置しては・・と早々と炉台の床に穴を開け外気導入を設置しました。

Simg_1244

結果。。OK牧場っ!良かったっす・・

大分お客様にはご迷惑をお掛けしちゃいました。。すみません・・

高気密住宅には必ず取り入れようと心に決めたカザマでした。。

Simg_1121

根っこ・・

ど~よ、この根っこ。。

根っこってイイ薪になるらしいよ・・

Spb250038

根っこは、 場所によりますが、まずは野ざらしでほっといた方がいいですね。

砂・砂利が隅々まで入り込んでいるので、雨で流し天日で乾かす。。

ま、捨てるところがないって事よ・・なんかと一緒だな。。

どうよ。。

ヨツールファンの方なら憧れるストーブF600です。

まさに”どうよって感じですね。私の中のヨツールはF500ですが、F600になるとかなりのもんですね、カンロクバリバリもんでカッコイイ。  正直重い・・

薪ストーブって、デカけりゃイイってもんでもないと思ったけど。やっぱデカいとカッコイイ。

Simg_1168

分厚い鋳物の観音扉を開けて薪をドサッっといれる。。

綺麗なクリーンバーンの炎を眺めながらコーヒーを飲む。。最高です。

Simg_1169

早朝からの取り扱い説明(慣らし焚き)で炎を眺めると、気分的にその日の仕事は終了って感じになる・・恐るべし炎の力。夕方にした方が良さそうだ。

PS美味しいコーヒーご馳走様でした。。やき芋焼いてください。。

まったり・・(暖)

Simg_1121

炎を眺めながら”まったり・・”する季節になってきましたね。。

ん・・実にイイ季節だな。。

今日はカザマ家のちょっとしたアクシデントを・・

薪ストーブを焚いてまったり気分で次の薪を入れようと思った時、すごく気になった唐松の節付きとねじれ付の若干大きめな薪がドカっをスペースを占領していたので、強引に

入れてやろうと思って入れてみた・・すると考えが甘かった。。

太くてねじれているので思うように炉内に入らない。。てんやわんやしているうちに唐松に

火が移りはじめた。。半分、唐松は入っている状態で炎が大きくなり、もうどうしようもありません。。出すにもだせず火かき棒で支えつつ様子見ること15分・・唐松は炎に包まれ強引に炉内に閉じ込めた。。

顔とTシャツは汗でびっしょり、水をガブガブ飲む始末。。いったい何をやってんだ・・

アホ過ぎて自分を責める気にもなりません。。勿論その日の夜は真夏に逆戻りで寝付けない一日でした・・

みなさん薪は計画的に入れましょう。

”炉開きの日”

今年は○月○日だよ~(火を焚く日)。。とストーブアートの濱島さんから連絡くる・・

調べによると・・

昔 旧暦10月の「亥の日」に、小豆餅で祝って炬燵などを開く習慣がありました。
茶の湯の世界でもそれにならって、11月の最初の亥の日に炉を開き、善哉や亥の子餅などで祝います。これを炉開きといいます。で、今年は10月9日でした。

な~んかカッコイイね。日本文化ですかね。

勿論、ちょっと早いかな~と思いつつ焚きました。。パチパチと癒される音と炎がなんとも

イイ。。 あれよあれよと調子にのって薪を入れたら、案の定・・室内は常夏になってしまい窓を全開に空けて温度調整。。

ま、こんな”日”も有るって事で・・

火入れ式。。

本日、お客様の火入れ式(薪ストーブ)です。

午前中は昨年建築した大玉村のヒノキマシンカットのメンテナンス。

すっごい薪のストックで驚きました。薪集めが趣味・・?のように数年分の薪棚が敷地一面に並んで・・薪ストーブライフを楽しんでいる様子です。

午後は、今年建築したレッドシーダーマシンカットのお客様。ちょっと肌寒い予定で慣らし運転(薪ストーブ)をしようかな・・と思いきや、当日はなんと気温28・9度。。ちょっと暑くない・・?・・まいっか。。という事で薪ストーブに火を入れました。。

Simg_1082

やっぱ眺める(炎)だけで気持ちいいな。。最高っ!

続いて郡山市内に建築したお客様の火入れ式。。みなさんは今年から薪ストーブを

使用しるので、うれしさ半分不安も半分って感じですね。

早く”火”(薪ストーブ)の生活に慣れるといいですね。SOSはカザマまで。。

ご来場。。

今日は薪ストーブのお客様が数組、ショールームにお越し頂きました。

シーズンですね。火の生活は憧れますからね・・

Simg_1043

まだ焚くには早いけど。そろそろ火の生活がやってまいります。

今年も寒いのか・・