洋瓦・・

三角屋根の洋瓦…理想です。。詳しくはこちら・・

正に、時が経つことによって風合いが出てきます。古くなればなるほどカッコ良くなるんだろうな〜。
羨ましい…

では、

 

imageああ

煙突掃除・・

先日、、南会津のお客様へ煙突掃除に伺いました。片道2時間・・と言うことは、、往復4時間・・遠方です。

前日の予報は大雪。。雨よりは雪の方がいいか・・と覚悟を決めて伺ったが、、なんと快晴!屋根の上では少々肌寒いが気持ち良く煙突掃除ができました。今回は煙突掃除と本体のオーバーホール。。消耗しているパーツを全て交換・・

予定時間に全て終了!と同時に雪がパラパラと降ってきた。作業が終了してからの雪は嬉しい・・日頃の行いがいいのかな・・と、つぶやいてしまいます。

そして、、今回の煙突掃除で予定していたお客様が全て終了。取り合えず一段落って感じです。

image

 

ventoの車窓から・・

 

年末まであと一踏ん張りしますよ~!

 

では、、

 

 

 

 

F400

既存の家に薪ストーブを設置するご依頼。。私は可能な限り屋根に煙突を貫ます。

煙突に負担(ドラフト)が掛からない形状と設置後のメンテナンス(煙突掃除)を考慮しての判断です。

どう考えても無理な場合は壁から貫くけどね・・

 

今日はヨツールF400SEを設置。

天井から小屋裏を通し、屋根を貫く工事でした。。

IMG_1831

 

工事を無事に終え、待ちに待った火入れ・・

 

IMG_1833

 

一度は薪ストーブを諦めたが・・数年後、諦めきれず念願のストーブに火が入りました。。

期待以上の綺麗な炎です。。

お酒好きなオーナーさん、、今晩の晩酌は記念すべき美味しいお酒が飲めそうですね!

 

では、

一発目の雪

会津猪苗代も一発目の雪が降りました・・ですが、2~3日で溶けてなくなるパターンです。本格的に積もるのは12月末からだど自分なりに予想してますが・・

昨年の冬は、個人的に嫌な思いをしたので、既にスタットレスタイヤは装着済み!ちょっと早めの装着だけど事故るよりいいでしょ・・

さて、、

昨日、今日と2台のアンコールを設置・・こちらの建物です

 

1件目は福島県須賀川市のお客様。。

DSC_0507

リビングの中に一段下がった土間タイルに設置。

このパターンもなかなかイイもんです。薪ストーブスペースが充実(広い)してね・・

 

そしてもう一台は小野町に設置。。ちなみに小野町って、リカちゃん人形の工場(リカちゃんキャッスル)で有名な町です。

私には無縁の世界だけど・・

 

こちらの建物は設置搬入にちょいと困難な為、パーツを外して搬入しました。

DSC_0509

こんな感じ・・

DSC_0510

無事、設置も終了!オーナーさんも居る事なので火入れも行いました。

 

DSC_0513

綺麗な炎です・・こちらのオーナーさん。。郡山モデルハウスに見学にお邪魔したとき、薪ストーブの暖かさに感激して新築の際は絶対に薪ストーブを設置すると決めたそうです。

その願い・・叶いました。。ありがとうございます。。

 

薪ストーブの炎をみているオーナーさんの顔がとても嬉しそうなので、私まで嬉しくなってしまいました・・

 

では、、

 

 

 

 

 

 

火入れ

11月12日に我が家の火を入れると決めていたのですが・・

嫁とチビたちが寒そうにしていたので、ついついフライング火入れをしてしった。。まぁ、そんな感じでイイんだけどね・・

 

火を入れると、「今年もお世話になります」と、、つぶやいてしまいます。会津の寒さを家中暖めてくれるわけですからね。。

昔(子供のころ)は冬が大っ嫌いだった私ですが、、薪ストーブのお陰で冬が好きになってきてる私でもあります。

ガラス越しに炎を眺めながら身体中を暖めてくれる。そしてケトルから湯気が出る・・今シーズンも楽しませてくれるのは間違いないですね。

DSC_0493 DSC_0499

 

本格的に焚くのは12月からだろうな・・

 

では、

七五三・・

二人(娘)の七五三・・

オヤジは着慣れないスーツを着て一緒に記念撮影・・

1415399232694

 

肌寒い日ではありましたが無事に終える事ができました。。

子供の成長ってのはビックリするほど早いもんだな~・・寂しいような嬉しいような・・

 

では、

 

 

 

デファイアント

1975年バーモントキャスティングス社は誕生しました。

二人の創業者が生み出した薪ストーブ第一号・・それがデファイアントです。詳しくはこちらをどーぞ!

大きい炉内はたっぷりと薪が入り、触媒燃焼方法で燃費を持続し、部屋中をいつまでも暖めてくれます。

IMG_1807

 

アンコール同様上部(グリドル)ドアから薪を入れれるので凄く便利な奴です。

 

私も愛用している一台です・・

 

では、、

 

ログハウス

今日はログハウスに薪ストーブを設置しました。

ログハウスは何度も言いますがステキな建物です。

IMG_1796

そして欠かせないのが薪ストーブです。

IMG_1795

カナディアンログハウスにはアメリカのストーブが良く似合います・・

 

では、

オーバーホール

数年メンテナンスに手加えなかった薪ストーブ本体・・

オーナーさんとこのリフォームにより我が家にやってきました。でもって自宅でオーバーホール。

そのままの状態で撤去たので、炉内の灰など全てそのままの状態。ちょっと手強そう・・

 

ガラスを固定するボルトはすべて折れてしまい、再度穴を開けてボルトを通す・・

IMG_1787

 

消耗したパーツは交換し出来るだけ新品に近い状態にする。。時間は掛かるがやりがいがあります。綺麗になれば嬉しいもんです。

 

さて、、結論・・本体のメンテナンスは毎年シーズンオフに行いましょう!で、消耗品のチェックもお忘れなく。。

面倒だ・・や、分からない・・などのオーナーさんはプロに依頼しましょう。

毎シーズン安全に楽しんで焚くのが一番。。

 

では、

 

ギャンブレル

ギャンブレル屋根のログハウス・・詳しくはこちら

先日、宇都宮市に建築したログハウスのメンテナンス点検に伺いました。。

ギャンブレル屋根、、私の中ではかなりツボにハマる形状の屋根です。しかもフルログですのでインパクとは勿論、迫力満点のログハウス。

DSC_0460

ギャンブレル屋根って?

(イギリスなどのヨーロッパから18世紀にアメリカに伝承された二面切妻二段勾配屋根)

 

この屋根の形状は結構色んな意味で勇気がいる形状ですよね。かなりカッコイイ!

日本では二面切妻二段勾配屋根とか、駒の形から駒形切妻屋根とか訳されるそうです・・なんか変・・

やっぱ、ギャンブレルでしょう。。日本使用に訳する事はない・・因みにマンサード屋根もあるけど、ちょっと違う形ですので・・

 

ギャンブレル・・ステキです。。

では、