アンティークなレンガにも似合うヨツールF400

マジョリカブラウンで通常カタログに記載されていない特殊なカラーです。

AC Regalie さんの事務所に展示して頂きました。

炎をみながら家づくりの打合せ、、いかがでしょう。。

 

では、

 

壁一面の石張りの炉台。

8”(インチ)の太い煙突に大型の薪ストーブ、バーモントキャスティングス デファイアント。

感無量でございます・・

 

では、、

 

Roots工務店

バーモントキャスティングス

 

 

 

陣笠

煙突トップにも形状が沢山あります。

やはりシンプル形状で煙が排出しやすい構造がベスト。なにより煙突掃除が非常に簡単です。

当社は陣笠をイメージした陣笠トップ、、Zトップを使用しております。

形状や構造がシンプル。見た目もカワイイ感じです。

 

この陣笠トップは煙突詰まりが有りません。。

オススメですよ。。

 

では、

デザイン

先日、佐藤建匠さんの現場に設置しましたヨツールF500。

デザインが変わりましたね~。。とても素敵です。シンプルなんだけど重圧感が更に感じるデザインになりました。

扉の格子デザインが少々物足りないかな~と思っていたけど、、全然、、全然、、とても素敵にまとまってます。

 

どっしり感がもろに感じますよね。。

 

家族に欠かせない人気物になるでしょう。。

 

では、

 

café

おいしいコーヒーと落ち着く時間を過ごす場所でしょうね。。

薪ストーブの炎もみたいよね~。。そんな事で浪江町に建築したcaféに薪ストーブを設置しました。

今度行こう。。

 

” O GAFE ”

 

では、

 

 

kamado

Made in Japan

”かまど”と”囲炉裏”と”七輪”と日本人。。やっぱりコレでしょ。。

忘れてはいけない物です。

 

たまにはゆっくり時間をかけて過ごすのもいいかもしれませんね。。

 

では、、

 

INVICTA

アンヴィクタ、、お・・フランス製の薪ストーブです。

アンタヤという本体です。通常の4本脚の通常の箱型の形状とは違って1本脚でスタイリッシュなオシャレさんのストーブ。

炉の中も大きく炎も綺麗に楽しめるストーブです。ほんと、、おしゃれさんって感じですね。

 

では、、

 

Rootsの森 春の灯あそび

雪もとけて桜が満開!

4月21日22日はRootsの森で春の灯あそびが開催されました。

真夏のような日差しに、、更に薪ストーブを焚いてお客様をお出迎えです・・

 

まずは小松くん特集

キンクラと和田さん・・そして木のお皿をつくる体験

キンクラで薪割り体験

 

きまぐれコーヒー屋さん

グッドリッチストーブの富くんとフランクフルト・・そしてピザの名人

 

 

社長の昼寝・・

一番子供に大人気のプレーパーク!

 

ROOTS工務店の長谷川社長

三方舎の今井社長

オークヴィレッジの佐々木さん

三社対談・・

 

楽しいイベントでした。。

 

最後に小松くん。。

 

 

 

 

 

春なので、、

春になったので、、

急に思いたってお店のリフォームを始めました・・

 

壁一面にレンガ、、風、、(造形モルタル仕上げ)

NYの裏路地にある薄汚れたレンガ調のお店にのショールームを眺めてる少年をイメージして。。(笑・・)

勿論、見てるのはトランペットです。。

そんな妄想をしながら一人で作業をするのも悪くはありません。

 

愛用のケトルやツールなどを飾れば終了。

自画自賛。。とりあえず仕上がりに満足してます。

 

では、

炉台

炉台・・薪ストーブのステージ、、薪ストーブ本体からの熱を炉台によって安全に使用確保できるステージです。

北欧系ではシンプルな鉄板製もあります。

やはり、定番はレンガですね。。最近ではブロック塀のブロックやテラコッタタイルなどでオシャレにつくるところもあります。

炉台は薪ストーブにとって無くてはならない存在です。出来るだけ部屋(空間)に似合う炉台だと、カッコよく見えます。

今回、設置した炉台はレンガ風の炉台です。

本物のレンガを積んだ訳ではありません。造形モルタルでレンガ風に仕上げました。

イメージとしてはアンティークな感じを・・と・・思って製作したのですが、、これは自己満足ですね。。

自分なりには良い出来栄えと思っている次第ですね・・

 

 

薪ストーブ本体が設置され、完成度が更にアップしました。

 

では、、